骨不足でインプラントできなかったら

GBR法

GBR法は歯を支える骨の厚みを増す方法です。

インプラントを埋入するためには、それを支えることができる充分な骨幅が必要です。しかし歯を抜いた後に長時間経過すると歯を支えていた骨の吸収が進んでしまいますし、歯根の先が膿んでいる場合にも骨の吸収が進みます。GBR法はこのような場合に骨の厚みを増すための治療法で、骨が不足している部分に骨を作るスペースを確保して、その中に骨のもとになるものを詰めて骨の再生を促します。歯槽骨が不足している部分には粉砕した自家骨や骨補填材を入れ、その上にメンブレンという人工膜を被せ骨の再生を促進させます。個人差がありますが、約4~6ヶ月で歯槽骨が再生され、インプラントが安定します。歯が脱落した部分は歯槽骨が吸収されていきますので、歯がなくなった部分にインプラントを埋入した場合、埋入したインプラントの表面も露出してしまいます。そこで骨組織を再生させたい部分に、歯肉などの軟らかい線維性の組織細胞を混入させないために、生体材料でできた専用の膜で覆います。インプラントを支柱にして専用膜を張ることができれば骨が誘導再生されていきますので、骨の再生を待つ期問は術部に必要以上の刺激を与えないようにします。GBR法は再生させたい対象組織が骨だけですので、GTR法の様に歯根膜の再生は必要あリません。骨が再生されインプラントが生着したら、人工の歯である上部構造を装着します。

春日井市のインプラント
いずみ歯科クリニックでは一般・小児歯科からインプラント、ホワイトニングまであらゆる歯のお悩みに対応します。
http://www.izumidc.com/