骨不足でインプラントできなかったら

ソケットリフト

上顎の奥歯にあたる場所の骨の厚みが薄い場合に用いられる方法です。

上顎奥歯に相当する場所にインプラントを埋入する場合、骨の高さが不足していることがよくあります。その場合は骨を持ち上げながらインプラントを埋入し、骨を厚くするソケットリフトという方法で対処をします。骨を持ち上げた厚さがインプラントを支える骨になり、この処置はインプラント埋入も同時に行われます。ソケットリフトが不可能な症例にはサイナスリフトで対処します。この方法ではかなりの骨の厚みが得られるためインプラントも充分な長さのものが埋入できますが、骨ができるのに約6ヵ月、その後インプラント埋入となりますので全ての治療が完了するまでに約9ヵ月必要となります。上顎骨の内部には上顎洞と呼ばれる大きな空洞があり、この空洞は様々な要因がきっかけとなって拡大する傾向があります。さらに歯が無くなると歯槽骨も吸収しますので、上顎では歯槽骨側と上顎洞側の両方から骨吸収が進行することもあります。そこで広がった上顎洞に移植骨や骨補填材、あるいはインプラントの一部分を挿入して上顎洞の底部分を押し上げる技術が開発されました。歯槽骨の薄い部分の上顎洞底部に移植骨や骨補填材を填入するのですが、同時にインプラントを埋入する場合と、骨の造成が完了してから埋入する場合とがあります。骨が薄い場含はすぐにインプラントの固定ができないので後者の方法を選択します。前者がソケットリフト、後者がサイナスリフトとなります。