骨不足でインプラントできなかったら

PRP

PRPとは Platelet Rich Plasma(多血小板血漿)の略です。

PRPは血液を遠心分離機にかけ血小板を濃縮した血漿のことで、血小板の良いとこだけを集めた組織成長因子の集合体と言えます。 血小板は止血作用があるだけでなく種々の細胞増殖因子が含まれています。PRPの骨の再生や傷の治りを早くする性質を利用してあごや歯ぐきの骨の再生を行う骨再生術は、インプラントにも利用されます。特に創傷治癒や骨増生能の成長因子により、インプラントの治療だけでなく骨増生法などにも 応用できるため注目を浴びています。濃縮された血小板が治癒促進能力を発揮するためには、採取血液からなるべく多くの血小板を取り出しその血小板が望ましい成長因子を放出できることが重要となります。 患者から採取した自家血液を遠心分離機にかけて血小板を集め、それを活性化させることにより治癒期間の短い再生治療が可能となるのです。活性化した血小板から成長因子が放出され、幹細胞を創傷部位へと運び細胞の増殖を導きます。PRPは凝固反応する時にPDGF・EGF・TGD-β・VEGFなどの様々な組織成長因子を放出します。そしてPRPが凝固反応を起こして形成されるフィブリン網が骨芽細胞や線維芽細胞の土台となり、創傷治癒が促進されると考えられています。血小板(platelet)とは血液に含まれる赤血球などと同じ細胞成分の一種で、怪我で出血した時などはその傷口を塞ぎ出血を止める働きがあります。血小板には多くの組織成長因子が含まれていますので、これらの成長因子が傷ついた部分を再生するとともに、細胞の数を増加させたり新しい血管を作るなどといった働きがあります。